スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘆くなり我が夜のファンタジー



天族プレイヤーとコミュニケーションをとりたいか?

オレ個人としてはNO。

とりたくない、というわけでは無いが、とる必要はない。っていうね。

まぁなんで出だしでこういう事書くかっていうとね、ネームド狩りしてたんだけど

ドロップ気前良くてね。気持ちよかったからそのままね、天でも殺そうかなってね

魔界にはいってきた天追いかけて殺してたらなんか露店で「話せば分かる」的なこと

を書いて話し合いしようとしてる天がいるそうでね

おれもみにいったわけよ



するとまぁ、たしかに露店で話し合いしてる

その話を聞いてすぐにそこにいったんだけど。

オレとしては「そんなのオレが空気読まずに殺してやる」つったんだけどさ

周囲が止めるのでね。 やめてあげてってねw とりあえず話しを傍観してた

まぁなにを話すことがあるんだか。 「は?見逃すの?」ってきいたら

直で話し合ってた魔族の人がオレに言うわけ。

「話の出来る天は少ないですし、どうか見逃してあげてください。お願いします。」

ってね。

その場見逃して追いかけて殺そうぜ的なこといったらレナやフコさんに反対されたので。

みんなお優しい事でw

ゲームだから見逃してあげたっていいじゃん。 ゲームなんだからぶっ殺していいじゃん。

ここらの曖昧かつどちらも正しいというか、ゲームのおもしろいとこだよなw

いやまぁ見逃したよ。



レクイエムは魔性の天使の歌声で

実らぬノスタルジー

AH BABY 嘆くなり我が夜のファンタジー


ってやつだな。 また会おうぜソークスさん!

その時は

殺しあおうか!!!







スポンサーサイト
Comment
Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。